本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

消費材グループ 防災用品



 

いざという日に備える!「回転備蓄」のすすめ

2011年3月の東日本大震災で、私たちは日頃利用している飲料水や食料品、日用品を、常に家庭で備蓄しておくことの重要性を学びました。日常的に使いながら使った分だけ買い足して備蓄する「回転備蓄」で、地震や風水害等、いつでも起こり得る災害に備えましょう。
消費材の注文はインターネットからも行えます
パソコンやスマートフォン、タブレットから注文ができます。登録は無料です。

インターネット注文「eくらぶ」

関連情報

まずは、いのちを守る水を
飲料水は、調理用の水なども含めると1日1人当たり3リットル、最低でも3日分は必要と言われています。4人家族なら36リットル、用途に合わせて2リットルと500ミリリットルのボトルを組み合わせて用意しておきましょう。
非常時には“いつもの”消費材が安心
電気・ガス・水道がすべて使えなくてもすぐに食べられるもの、また食べ慣れている消費材のなかから、常温で保存できる賞味期限の長いものを中心に、少し多めに備蓄しておくと安心です。
ロールペーパーは約1か月分の備蓄を
災害時のトイレ対策に欠かせないロールペーパー。お皿や鍋の油汚れを拭き取るなど、断水時の節水にも役立ちます。家族で使う1カ月分ぐらいを目安に備蓄しておきましょう。

「防災用品」の消費材一覧

消費材グループ

消費材の注文はインターネットからも行えます。

パソコンやスマートフォン、タブレットから注文ができます。登録は無料です。

インターネット注文「eくらぶ」

生活クラブをはじめませんか?

40万人のママが選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。