本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

いまから考える これからの私のライフスタイル


 
自分のこれからのライフスタイルについて考えたことはありますか?
生活クラブでは、多様なニーズやライフスタイルにあった暮らしを選べるように、都市部と消費材の産地が、お互いの地域をともにつくり合い、つながっていく取組みをすすめています。
これからのライフスタイルを考えはじめた方から、ある程度見えている方まで、それぞれの興味のあるところから参加しながら、そのヒントを見つけていきましょう。
Q.どうして生活クラブがライフスタイルの提案をしているの?
A.いくつになっても、希望が持てる社会づくりをしたいと考えているからです。2015年に子育てや老後についての組合員意識調査を実施し、多様なニーズに応える地域づくりをすすめることになりました。

Q.生活クラブが考える移住先はどこですか?
A.暮らし方を考えるには、多様な選択肢の提示が必要です。消費材の産地であり、生活クラブの“食の故郷”である山形県庄内地方からプロジェクトをはじめています。

12月・1月開催のセミナー、プログラムのご案内はこちら
 
Q.どんなライフスタイルがあるのでしょうか?
A.一人ひとりにあったライフスタイルがあると考えています。たとえば、自然が豊かな場所へと移住する、住み慣れた地域と両方で暮らし続けるのも選択肢の一つです。

Q.進行中のプロジェクトではどんなことが行なわれているの?
A.都内で移住や老い支度に関するセミナーを開催。庄内地方の中心都市・酒田市と意見交換をしています。また、酒田市で活動している方々の講演会や、実際に現地へ行くプログラムも実施しています。

参加申込受付中!
第4回「庄内の福祉コミュニティ構想」報告集会
サステイナブルに住まう ~地域ですすむ参加型の暮らしづくり~

2020年2月1日 (土)13:30~16:30(開場時間12:30~)
会場:生活クラブ連合会 7階会議室  アクセス
参加費:無料  定員:約100名
主催:生活クラブ共済連
第1部基調講演
移住して四半世紀・自然エネルギーの専門家が語る「最先端な山形暮らしと庄内FEC*の社会的意義」
講師:三浦 秀一 氏

エネルギー研究者であり、大学教授であり、やまがた自然エネルギーネットワークの代表でもある講師は、山形の土地に根づき、地域に結びついた移住者でもあります。酒田で予定している新たな拠点は、コミュニティの核となる場でもあり、「E」「C」がリンクする暮らしの場です。山形市にご自身が設計したエコハウスを建て、地域エネルギーを活用した暮らしを実践中の講師から、サステイナブルに暮らす秘訣などについてお聞きします。


*F:食料、E:エネルギー、C:ケアの略。内橋克人氏(評論家、旧2012国際協同組合年全国実行委員会・委員長)が提唱。
三浦 秀一 氏 
建築・環境デザイン学科教授・博士(工学)
1963年 兵庫県西宮市生まれ
1992年 早稲田大学大学院博士課程修了後、東北芸術工科大学開学とともに赴任。山形市在住。
第2部 講演②
好きを小さな仕事に
「庄内で小さな起業!ナリワイという生き方・働き方」

講師:井東 敬子 氏

「ナリワイ」とは、好きや得意で地域の困りごとを解決する小商いです。講師は「月3万円ビジネス」の考え方をベースに、庄内地方で活動をすすめています。実践されている方のお話や「ナリワイ」の始め方についてお話しいただきます。
井東 敬子 氏
鶴岡ナリワイプロジェクト代表 わたしごとJAPAN共同代表
2011年 鶴岡市に移住
2015年 鶴岡ナリワイプロジェクト設立。
起業講座7期、修了生59名。
第3部 報告
酒田市の取組み
講師:大沼 康浩 氏

山形県酒田市が2016年から生活クラブと連携してすすめてきた「酒田市生涯活躍のまち構想」や、コミュニティ拠点などの取組み現状について報告します。
大沼 康浩 氏
酒田市地域創生部長

 
◆お問合せ・参加申し込みはお電話またはWeb「産地で暮らす」からどうぞ!
https://sanchide-kurasu.jp/topics/event/917/
生活クラブ共済連
Tel:03-5285-1865

参加してつくり出す「老い支度」

現在進行中の「庄内暮らしプロジェクト」では、まずは詳しく知りたい方向けのセミナーや、庄内を肌で感じたい方向けのプログラムを実施中です。お気軽にご参加ください。

話を聞いてみたい方は

セミナー・相談会
開催日:12月14日(土)
・どなたでも参加OK ・参加費無料
第1部:13:30~15:00
老い支度を考える-ゆるやかな連絡会 
第26回 退職後に見つけた地域に貢献する活動・働き方

写真左から
●講師:田神 明 氏

土木技術職を退職後、若者サポートのNPOへ/NPOなんとかなる事務局長
●講師:瀬古 正直 氏
会社退職後に福祉クラブ生協で宅配/藤沢世話焼きWco.はまゆう
●講師:吉田 浩滋 氏
介護予防をチンドン屋に扮して説く/佐倉チンドン倶楽部代表

退職後、生きがい等を求めて地域デビューをしたいが、何をしたらいいかわからないという声を耳にします。経験のない未知の現場で、地域に貢献する仕事を見つけた方に経験談をお話しいただきます。
 
第2部:15:30~16:30
庄内で暮らすを検討する会 
第6回 庄内に移住して「よかったこと」「困ったこと」
●移住者:山脇 文子氏
東京の下町育ち。バリバリの江戸っ子。夫の転勤がきっかけで酒田市に移住。「庄内で暮らそう!移住者交流会」副会長
●聞き手:五十嵐 康達氏
酒田市地域共生課 移住定住主査 兼 移住定住係長

庄内へ移住してみてよかった?それとも…?移住することになったきっかけや冬の暮らしなど、移住してみて初めて知ったアレコレなどについて東京から移住された方がホンネで話します。
 
第3部:16:30~17:30
個別相談会
●相談者NPO法人Wco.FPの会
生活クラブ組合員を対象にライフプラン講座などの活動をするワーカーズ・コレクティブです。

老後の家計、庄内の暮らしなど生活設計をファイナンシャルプランナーに相談できます。
※相談時間は1組30分。2組限定です。
※お申込み多数の場合は抽選となります。

実際に庄内に行ってみたい方は

暮らすように旅する 酒田体感プログラム 第二弾!
酒田の冬・文化・うまいを体感する3日間

冬だからこそ経験できる雪かきとともに、酒田のおいしいと文化の楽しみををたっぷり体感するプログラムを企画しました。そして、第一弾の参加者が大絶賛のNHK「ブラタモリ」案内人・小林氏と、「庄内の福祉コミュニティ構想」報告集会(2020年2月1日開催予定)講師の井東氏も一部同行します。この機会に庄内の冬を体感してください。
期間:2020年1月24日(金) ~26日(日)
募集人員:5名(先着順)
集合・解散場:酒田駅(JR東日本羽越本線)

プログラムの参加費:プログラム内の移動などの参加費は無料。ただし、酒田までの交通費、宿泊代、プログラム中の飲食は各自負担でお願いします。
宿泊先:宿泊先は各自でご手配ください。プログラムの都合上、酒田市役所周辺の宿泊先をお願いします。
参加条件:雪かきボランティアに参加できる方
申込締切:12月13日(金)
お電話でお申し込みください
03-5285-1865

主催:生活クラブ共済連/山形県酒田市委託事業
写真左から、小林 和也氏(酒田市職員)、井東 敬子氏(鶴岡ナリワイプロジェクト代表)
日向地区での雪かき
寒鱈まつりの様子
1/24(金) 13:15酒田駅集合→【企画】酒田味さんぽ ①酒田フレンチ→まち歩き【企画】酒田の冬と文化 ①山居倉庫・消防跡地→旧本間邸→オリエンテーション・庄内のFEC状況説明→【企画】酒田味さんぽ ②酒田の海鮮@海鮮市場→解散
1/25(土) 【企画】日向地区にて雪かきボランティアに参加→地域の方と交流しながら昼食→日帰り温泉ゆりんこ→オプション ①酒田の医療・介護施設見学 ②酒田の文化:土門拳記念館→17:30オプション終了
1/26(日) 【企画】酒田の活動に触れる:活動団体メンバーとの懇談→11:30~【企画】酒田の冬と文化 ②酒田日本海寒鱈まつり・酒田の酒まつり→14:00 体感プログラム解散解散後はご希望により個別対応いたします。
*2日目は、動きやすく防寒に優れた服装など準備が必要です。参加者に追ってお知らせします。
*スケジュールは天候状況、みなさんの健康状態・現地事情により変更される場合があります。
*生活クラブ共済連スタッフ・酒田市役所職員が同行します。
*お申し込み後、共済連から各種資料を送付します。
*交通機関・宿泊場所の手配先を紹介できます(生活クラブ-楽しむ旅の㈱タビックスジャパン)。


組合員記者を同時募集!
 
組合員の新鮮でまっすぐな視点が大好評!
庄内への移住に興味を持つ方々に、組合員目線で酒田市の良さを伝えてください。
事前に取材のすすめ方や記事の書き方をプロから学べるので安心です!
1/24~1/26酒田体感プログラム第二弾内で実施(募集2名)
応募締切:12月10日(日)
◆参加申し込みはWeb「産地で暮らす」からどうぞ!

https://sanchide-kurasu.jp/topics/event/150/
<取材のすすめ方>
1 取材の準備
プロによるWebライティング講義、カメラ・撮影講義を受講します。
講義日 : 12/21 13:00 ~ 18:00(予定)
第一部 13:00~15:00 講義
第二部 15:30~18:00 インタビュー内容・絵コンテ作成ワークショップ
※第一部の講義のみの参加も募集中!(応募者多数の場合は抽選となります)
会場 : 生活クラブ連合会 7階会議室
2 酒田の取材
酒田市に取材に行きます。取材日は相談後、決定します。宿泊は酒田市移住お試し住宅を利用します。
3 記事の作成
作成する記事は2つです。記事は講義の講師が添削を行ないます。
<参加概要>
応募条件

①事前講義を受講し、現地取材ができる方
②パソコンを所有しメールでの連絡ならびに、Wordでの文章作成ができる方
③現地で雪道の運転ができる方
※移動はレンタカーです。
※応募者多数の場合は選考があります。
参加費用
交通費( 羽田空港⇔ 庄内空港)、レンタカー代、酒田市お試し住宅にかかる費用は生活クラブ共済連が負担します。
※記事の執筆料は出ませんのでご了承ください。
応募について
参加希望の方は、次の項目を「産地で暮らす」Webサイトの応募フォームから送信してください。
https://sanchide-kurasu.jp/topics/event/150/
住所/氏名/応募の動機/「庄内暮らしプロジェクト」Webサイトに掲載中の、組合員取材レポートの感想/ブログや記事などの作成経験の有無

まずは自分で調べたい方は

「産地で暮らす」Webサイトで情報発信中!

セミナーや相談会の参加申し込みをはじめ、「老い支度」に役立つ2つの冊子をPDFファイルでダウンロードできます。ぜひ、ご覧ください。
ダウンロードできる冊子
●ゆるやかな老い支度

老い支度について「お金」「住まい」「からだ」「生きがい」の4つのテーマでまとめた冊子。
酒田市への移住に関する情報も掲載しています。
●高齢者住宅の選び方
「高齢者住宅の選び方ー新聞記事に見る失敗事例を考えるー(講師:米沢なな子氏)」の講演内容をまとめました。要望が
多いテーマ「高齢者住宅」について知りたい方、ぜひご覧ください。
酒田市インフォメーション

参加者募集中!酒田市「お試し住宅」で移住体験してみませんか?
本格的な移住の前に「お試し暮らし」の体験が、最大7泊できます。ご興味のある方はお気軽にお電話ください。
※住宅の使用料・水・光熱費は必要ありません。
※小学生以下のこどもがいるご家族は交通費補助があります。


最新情報公開中!移住ポータルサイト「at sakata」
酒田市への移住を考えている方に向けたポータルサイト。住まいや仕事、手続きなど、役立つ情報が満載です。

http://sakata-iju.jp/
◆お問合せ・参加申し込みはお電話またはWeb「産地で暮らす」からどうぞ!
https://sanchide-kurasu.jp/topics/event/917/
担当:生活クラブ共済連
Tel:03-5285-1865

★『生活クラブOPINION』 2019年12月2回(49週) を転載しました。
【2019年11月25日掲載】
 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。