本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

産地の環境を守り国内自給力の向上をめざして 生活クラブのお米が新ブランド「共同開発米」としてデビュー

消費者と生産者がいっしょに作り続ける4つの産地のお米

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(本社:東京都新宿区、以下生活クラブ)は、当生協で扱う山形、栃木、長野、宮城の4つの産地のお米のブランド名を新たに「共同開発米」と名付け、品種、ロゴ、品名、パッケージをリニューアル。2019年10月28日より供給を開始いたします。

<新ロゴ> ロゴは、「消費者」と「生産者」が共同開発したことを手を力強くつないだグラフィックで表現しています。

持続可能な生産と消費をめざして

生活クラブにおける米の取組みでは、提携する米生産者と生活クラブ組合員(消費者)が、品種や農法を話し合って決めてきました。その結果、農薬や化学肥料を減らした米の開発や、水田を活用して飼料用米や加工食品原料の作付けによる自給力向上の取組みなどを実現してきました。これからも生産者と消費者が共に手を携えて産地の環境を守り、国内農業の振興を進めるべく、新たなブランド名を「共同開発米」としました。

新ブランドデビューに際し、各お米のアイテム名や品種(ブレンド内容)も変更

これに先立ち生活クラブ組合員を対象に実施した、「米利用に関する意識調査」では、消費者がお米を買う時に重視するポイントは、価格に次いで、産地、品種、食味であることがわかりました。それを受け共同開発米の品名も「庄内」「那須」などの地名を品名に入れ、さらに、「アルプス」「山麓」など各産地の風景が思い浮かぶ言葉も加えました。さらに、2品種のブレンド米をすべて単味に変更し、消費者がより産地や味を思い浮かべながら選べるようにしました。
新ブランドのデビューを契機に今後も生産者と手をつなぎ、サステイナブルなお米の生産と消費を進めていきます。

那須山麓米生産者と稲刈り交流会
那須山麓米生産者と稲刈り交流会
 
生活クラブ消費者による援農。庄内遊YOU米生産者の圃場で雑草とり

製品情報

※一部地域では価格が異なります。

4つの産地からは、上記表の品名以外にも、無洗米や玄米など幅広いラインナップが展開されます。
また、内容量はお試し用の450gから、2kg、3kg、5kgまで取り揃えておりますので、産地の食べ比べもお楽しみいただけます。


【2019年10月15日掲載】

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。