生産者リレーエッセイ

 記事一覧

vol.20

大城 健志さん提携先(株)青い海

提携品目 Sマーク真塩、海水塩、Sマーク素精糖

「おいしい塩を生み出す沖縄の青い海を守ろう!」が当社の原点。「素精糖」は組合員の思いの詰まった“共同開発消費材”です。

大城 健志さん


 
 

真塩

戦後、沖縄は米国の統治下にありましたが、1972年5月15日、日本に復帰しました。復帰に伴い日本の法律「塩専売法」の規制により、沖縄の塩田から作られる塩「シママース」の製造が禁止され、専売公社が販売する塩化ナトリウムの純度の高い塩に変わりました。これにより沖縄の至る所で食文化への弊害が起きました。そのような中、「伝統ある沖縄の塩作りを復活させよう、おいしい塩を生み出す沖縄の青い海を守ろう!」という有志が集い、「青い海」を設立したのが当社の原点となっています。

設立当時、関係機関と折衝を重ねましたが、沖縄の入浜式塩田の復活、すなわち100%沖縄の海水を原料とした塩の復活は認められず、法律の枠内で復帰前の塩に近い塩はできないものかと協議を重ねた結果、専売公社から輸入の天日塩を購入し、再生または加工するという形で製造許可を申請し、1974年7月に日本専売公社沖縄事業局より沖縄の塩の製造工場「沖縄第一号」として許可され、「沖縄の塩シママース」が誕生する事ができました。それは当初の目的の「沖縄の海水を原料に使った塩」、という目的は法律の規制により達成する事はできませんでしたが、法律の枠内で、限りなく復帰前の塩に近づけるということで、海水に含まれる塩化ナトリウム以外の成分、カルシウム、カリウム、マグネシウム等の微量ミネラルが含まれたお塩です。

海水塩

1976年、当時の生活クラブの組合員より、専売公社の塩は昔と比べて塩辛く、また、漬物が漬かりにくい等の疑問もあることから、「赤穂の天塩」や「伯方の塩」等への取扱いの希望が多く出されたそうです。そこで生活クラブの支部の消費委員会はこの問題を取り上げ、専売塩と自然塩について調査を行ったのが生活クラブと当社の出会いの契機となりました。生活クラブでは組合員の希望に沿って自然塩の提携先を探していたところ、沖縄の塩運動の話を耳にして当社を訪れ、双方の話し合いの結果、1978年4月に共同購入に加えられました。提携当初は「海っ子」という名称でしたが、1988年に原材料名を明らかにした名前が好ましいと言う事で「真塩」に変更しました。また、組合員の希望で真塩の食卓塩(現在のさらさら真塩やきしお)も加わりました。1997年には塩専売法が廃止となり、設立当初の目的であった沖縄の海水だけを原料に煮詰めて作る「海水塩」を開発しました。

当社で作るお塩の原料の海水は、沖縄県糸満市沖合い2000m先まで配管したパイプを通って取水した海水を使用しています。真塩はメキシコ産やオーストラリア産の天日塩を取水した海水で完全に溶解し、ろ過した後に平釜でじっくりと煮詰めて結晶化を行い、木箱に移し自然脱水(乾燥)をして生産しています。また、海水塩は沖縄の海水だけを原料に濃縮して平釜で結晶化を行い、真塩と同じく木箱で自然に脱水(乾燥)させて作ります。平釜でじっくりと煮詰めることにより、粒の形が凝集形やフレーク状になり、素材への付着が良くなると言われています。また海水由来のカルシウム、カリウム、マグネシウム等の微量ミネラル成分が程良く含まれており、塩からいだけでなく、ほのかな甘みの感じられるお塩となっています。

平釜でじっくりと煮詰める


素精糖

当社は製塩を目的に設立した会社ですが、生活クラブと提携をさせていただいていた中で、お砂糖も生産するようになりました。1970年代に糖分の取り過ぎが盛んに言われ、自然食品運動グループの中には白砂糖を悪物視して三温糖を利用する人たちが増え、生活クラブ組合員の中からも三温糖を希望する声が強くあり、生活クラブでは「白砂糖に変わる砂糖を開発できないか」と調査を続けていました。そこで当社から沖縄県波照間島で作られる黒砂糖を紹介し、黒砂糖は白砂糖に比べより自然に近く、純国産であるとして1982年に取り扱いを開始しました。ただ、黒砂糖は蜜分を多く含んでいる為、料理に使いにくいことから利用量も少なく、1年程しか続きませんでした。
生活クラブでは引き続き砂糖の調査を行い、精製糖を作る原料糖の粗糖(分蜜糖)に目を付けました。粗糖は加工(精製)することが前提の為、異物等が入っており、それを当社で篩(ふるい)にかけ検査するという形で、粗糖のままの製品というこれまでに何処にもない砂糖ができたのは1987年の事でした。「素精糖」の名前は砂糖の素を精製するということから名付けられたそうです。しかし、当時の素精糖は蜜分が多くベトついて使いにくく、また、夏場には発酵臭がする等の問題があり、返品が相次ぎました。生活クラブでは長年かけてやっと開発され、しかも日本で唯一の素精糖を何とか続けたいとの気持ちが強く、当社と生活クラブで1年がかりで研究や使い勝手の調査を重ね、サトウキビの風味を残しながら品質を安定させることに成功しました。素精糖は生活クラブの組合員の思いの詰まった“共同開発消費材”なのです。私は生活クラブに関わるようになって2年になりましたが、生産者の皆さまや生活クラブの組合員の皆さまとの交流がとても楽しみです。これからも皆様と一緒に楽しい食生活を作っていけたらと思います。


【次回生産者】

Sマークマーガリン、Sマークファットスプレッド、チョコレート類などの生産者、月島食品工業(株)の吉原忍さんの予定です。お楽しみに。

ページの先頭に戻る