ログイン

ようこそ ゲスト さん。ログインしてご利用下さい。

パスワードを忘れた
新規会員登録

携帯からもアクセス

QRコード対応携帯から携帯サイトにアクセスできます。

http://www.seikatsuclub.coop/ecolife/

https://www.seikatsuclub.coop/ecolife/

ブックマークに登録して
ご利用ください。

環境情報

最新の環境情報

環境情報一覧

暖房

冷房

家電製品

お風呂

キッチン

掃除洗濯

リサイクル

その他

コンセントから抜いたほうがいい?

家電製品 2011年3月29日

 省エネのポイントとしては、昔から「使わないときにはコンセントを抜く」という取り組みが呼びかけられてきました。最近は状況が変わっており、むしろ抜かないほうがいい場合も多くなっています。
 
 テレビやエアコンなどはリモコンでスイッチを切ったあとでも、電気を消費しています。リモコンの待ち受けをしたり、時計機能を働かせたりなど、こまかい制御のために使われているのですが、以前はこれが無視できないくらい大きいため、リモコンで切るだけでは不十分で、「主電源を切る」や「コンセントからプラグを抜く」ことが省エネの取り組みとして呼びかけられていました。1990年代には、家庭の電気の約1割がこうした「待機電力」で占められており、年間1万円にも達しており、家計にとっての効果も大きかったのです。
 
 けれども、この待機電力が問題になってから、使用していない時間帯の消費電力を減らす改善が進められてきました。ビデオデッキなど、待機電力を10分の1以下に落とすことができ、比較的新しい機種ではそれほど待機電力も問題ではなくなっています。
 
 むしろ、テレビや録画装置などでは、深夜に番組表を自動的に受信する機能もあります。もしプラグを抜いてしまうとこうした機能が使えなくなってしまいます。また、電源を切ったあとでもしばらく処理動作をしている場合があり、ここでプチンと電源を切ってしまうと、処理に異常を来してしまう場合もあります。
 
 例えばエアコンなど、リモコンでスイッチを切った後でも、送風の羽根を元の位置に戻したり、ガスの圧力を調整したりとしばらく動いています。このときに電源を切ってしまうと故障のもととされています。関東東北地方では大震災の影響で大幅な節電対策が求められていますが、本体の電源を切る場合にはご注意ください。
 
 ただ、それではもう電源は切らなくてもいいのかというと、いくつかは手間をかけてしておいたほうがいいものもあります。エアコンはシーズンが終わったときには、その後しばらく使いませんので、コンセントを抜いておいたほうがいいでしょう。また、対策が十分ではなかった5年以上前のビデオやオーディオ機器なども切っておくほうが望ましいです。

 



前へ  |  一覧  |  次へ