ログイン

ようこそ ゲスト さん。ログインしてご利用下さい。

パスワードを忘れた
新規会員登録

携帯からもアクセス

QRコード対応携帯から携帯サイトにアクセスできます。

http://www.seikatsuclub.coop/ecolife/

https://www.seikatsuclub.coop/ecolife/

ブックマークに登録して
ご利用ください。

環境情報

最新の環境情報

環境情報一覧

暖房

冷房

家電製品

お風呂

キッチン

掃除洗濯

リサイクル

その他

衣類乾燥機を使わずに天日乾燥をする

掃除洗濯 2013年2月20日



(T社 2013年発売製品 縦型衣類洗濯乾燥機 カタログ値より 電気料金23円/kWh、水道料金250円/m3、電気CO2排出係数0.43kg-CO2/kWh、水道CO2排出係数0.23kg-CO2/m3 として計算)

 グラフは衣類洗濯乾燥機(縦型)を使用した場合の一回あたりの水道光熱費と、CO2排出量です。乾燥機能のついた洗濯機が増えていますが、乾燥機能を使うと、洗濯で使うエネルギーの10~20倍程度のエネルギーを消費してしまいます。水道光熱費も洗濯だけの場合の2~5倍程度かかります。

 乾燥機は便利ですが、省エネのためには、なるべく使わないように工夫することが大切です。花粉やほこりがひどいときや曇や雨天などで外に干せないときでも、室内で時間をかければ衣服は乾燥してきます。冬場には、洗濯物を部屋につるしておくと、エアコンで空気が乾燥しすぎることもなくなります。一定程度、自然に乾かす工夫をした上で、仕上げに乾燥機能を使う方法でも省エネになります。

 装置としても省エネ・節水が進化しています。もし洗濯乾燥機を購入する場合には、ヒートポンプ式のものが比較的消費電力が少なくて済みます。また、ドラム式の洗濯機は縦型に比べると水道の使用量が少なくて済みます。

 ただし、省エネ製品でも以前の「洗濯機+乾燥機」に比べて省エネが進んでいるだけで、現在「洗濯機」のみを使っている場合と比べると大幅に消費量が増加してしまうので注意してください。

 もともと天日に干せば、電気などのエネルギーを使わなくてすむものです。天日干しは簡単にできる太陽利用のひとつです。

 余談ですが、衣類乾燥機は平成21年4月1日から家電リサイクル法の対象機器となり、リサイクル料金を払って引き渡すようになりました。買い換えや処分するときには販売店や自治体に問い合わせるようにして下さい。



前へ  |  一覧  |  次へ