ログイン

ようこそ ゲスト さん。ログインしてご利用下さい。

パスワードを忘れた
新規会員登録

携帯からもアクセス

QRコード対応携帯から携帯サイトにアクセスできます。

http://www.seikatsuclub.coop/ecolife/

https://www.seikatsuclub.coop/ecolife/

ブックマークに登録して
ご利用ください。

環境情報

最新の環境情報

環境情報一覧

暖房

冷房

家電製品

お風呂

キッチン

掃除洗濯

リサイクル

その他

ネコの生活

その他 2012年8月7日

 ネコのようにのんびりと過ごすことができれば、環境問題なども起こらなかったでしょう。私たちはネコに学ばないといけないことは、たくさんあります。
 家でネコを飼っていると、家の中でいちばん快適な場所を探して、昼寝をしたりしています。夏はいちばん涼しい場所を探し出し、冬はいちばん暖かい場所を探し出します。通常2階建ての家では、夏は1階のほうが涼しく、冬は日が差し込む場所が一番暖かくなります。そんな理論的に説明できる場所を、めざとく見つけるのがネコです。つまり、ネコが昼寝をしている場所をどけることができれば、一番快適に過ごすことができるのです(冬はどかさなくても、ひざにのせておくともっと暖かく過ごせます)。
 ゆっくり過ごすことも省エネでは大切です。夏の暑いときには身体も頭も働かないものです。そんな中で、無理にいつもと同じように働こうとするから、エアコンが必需品になってしまうのです。暑い間は休むとなれば、無理にエアコンを使わなくたって、少しの風通しがあれば幸せに感じられるものです。

 夜のくつろぎ方も大切です。日本人の生活は、どうも夜が明るすぎるようです。これから寝るという時間帯に、明るく照明をつけていると、睡眠を妨げてしまうことがあります。少し明るさを控えめにすることで、省エネにもなりますし、身体にもいいことになります。
 さらに夏にはこうした省エネをすることで、より涼しく過ごすことができます。照明もテレビもエネルギーをつかう機器はどれも熱を発生します。特に白熱電球などは、名前のとおりたくさんの熱を発生して、夏には余計暑苦しくなってしまいます。省エネ型のLEDなら、発熱は抑えられますが、それでもほんのり熱が発生しているのが分かります。


 上の写真はサーモグラフィーという表面温度を測定する特殊な写真です。約1分点灯した時点の温度ですが、電球は160℃を超えている一方、LEDは50℃以下です。

 つまり、照明もテレビも消すことで、発熱が抑えられ、実際に涼しくなるのです。
 徒然草にもあるように「夏は夜」。窓の外を眺めて、虫の音に耳を傾けながら過ごすのも風流なものです。夏を楽しんでみましょう。



前へ  |  一覧  |  次へ