社会へのとりくみ

生活クラブから生まれた新たな社会運動

自分たちの生活を自分たちで管理・運営し、永続性のある、エコロジカルな生活と生産を求めてきた生活クラブは、その経験から地域社会のかかえる問題を解決するために、新たな社会運動を生み出してきました。
生活クラブ、ネットワーク、そして、ワーカーズコレクティブがめざすものは、市民参加による新しい地域社会です。

地方議会の改革

その一つは積極的に政治に参加するネットワーク運動です。生活クラブの組合員は、合成洗剤を追放し、石けんを使う運動を進め、自治体への直接請求運動にも取り組むなかで、市民の声を政治に反映させるには、政治への参加と改革が必要であることを痛感しました。そこで、組合員の有志が地域ごとに自立的な政治団体を結成し、地方議会に議員として代理人を送るネットワーク運動が広がりました。

ワーカーズコレクティブ

利益追求型の企業で雇われるのではなく、自分たちで出資し、運営し、働く、協同組合方式の新しい働き方、ワーカーズ・コレクティブを創造しました。仕出し弁当、パンなどの食品製造から、高齢者や障害者などのケア、保育、リサイクル、編集、消費材の仕分けや配送など、約400のワーカーズコレクティブで約15,000人が地域の人々に役立つ事業を行っています。

平和をめざし、国際世界のNGOと交流・連帯

生活クラブは、世界各国のNGOや協同組合と交流・連帯活動を行っています。1993年、韓国信用組合中央会と協同組合間提携、1999年には、韓国の女性民友会、台湾の主婦連盟と三姉妹提携を結びました。連合会では、この三姉妹提携関係を進めるために、常設の「女性委員会」を設置、季刊で「連合女性委員会レター」を発行しています。韓国信用中央会や三姉妹提携先とは、毎年相互に訪問や研修を続けています。
2000年には、イアン・マクファーソン博士を招き「レイドロウ報告20周年国際シンポジウム」を開催しました。国連の軍縮会議や「環境と開発」会議(地球サミット)などにも積極的に参加。2001年には、「あらゆるテロに反対し、軍事行動の即時停止を求める声明」を日米両政府に提出し、「アフガンいのちの基金」の募金活動を行うなど、平和活動にも取り組んできました。
また、フィリピンの人びとが経済的自立をめざして生産する無農薬バナナなどの共同購入を行い、民衆交易に協力しています。
巨大な多国籍企業の影響力が強まっている今日の世界にあって、地球環境と人間を守ろうとする地域の自立した活動団体の存在は貴重です。これらのグループが国境を越えて手をつなぎ合い、市民が自治する協同組合地域社会の実現をめざしています。