見えること、見えないこと
知っておきたい食品表示

意外に多い!不完全な原材料表示

お店にあふれる“心惹かれるキャッチフレーズ”

厳選素材使用!○○県産和牛使用!…そう聞くと「無添加?」「国産100%?」と、つい原材料についても思い込んでしまいそう。でも、よく読むとそうは書いていないんですね。実際のところはお店の人に聞かないとわかりません。

レストラン、デパ地下などでは、原材料の表示義務がありません。「不明なこと、気になることはお店の人に確認することができるから」と言うのが法律上の理由になっています。

お店にあふれる“心惹かれるキャッチフレーズ

商品が届いて初めてわかる
「原材料」のすべて

きちんと表示しているサイトがある一方、食品添加物表示だけを自主的に「省略」しているところもあります。「無添加」「有機栽培原料使用」といったイメージの良い言葉を信用して購入してみると実際には食品添加物がたくさん入っていたという事例もあるようです。

ネット通販では原材料表示に関する規制が設けられていませんので、表示がないことは違法ではありません。消費者庁の資料によると「電話による問い合わせを受け付けていることが通例」ですが、すべて確認するには、かなり手間がかかりそうです。

商品が届いて初めてわかる「原材料」のすべて

もっと見る

他にもある、表示されていない食品

袋に入っていない焼きたてパン、スーパーやコンビニのお惣菜、お店の中で作っているお弁当やおかず。テレビショッピングなども、原材料表示が義務付けられていません。なお、お客さんに聞かれればお店の人は答える義務があります。