見えること、見えないこと
知っておきたい食品表示

水は「天然水」だけど…
有機果実は1%

天然水が原料のほとんどを占め、あとは糖類と1%の有機果実、微量の食品添加物でできています。パッケージには、「天然」の大きな文字と有機果実1 0 0 % 使用の表記。飲料全体のイメージをアップさせます。

原材料は多い順に書かれています。原材料で一番多いのは「水」で次が糖類。少なくとも有機オレンジ果汁より糖類の方が多いことがわかります。

水は「天然水」だけど…有機果実は1%

名称:ナチュラルミネラルウォーター
原材料:ナチュラルミネラルウォーター、糖類(果糖、砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、有機オレンジ果汁、食塩、ミントエキス、クエン酸、香料、クエン酸Na、酸化防止剤(ビタミンC)
果汁1%

「天然水」とは、ナチュラルミネラルウォーターのこと。有機果実100%使用のオレンジ果汁が1%入っています。

もっと見る

「天然」と書いてあれば高級?

魚介類のように、天然であることが希少価値のものもあります。「天然」という言葉をことさらに強調することで安全性や高級なイメージを打ち出している商品は多いのですが、良く見てみるとただ宣伝文句として言っているだけのものも。「天然果汁100%」がいい例。天然じゃない果汁なんてありません。それが価値ある「天然」かどうか、良く見極める必要がありそうです。