献立 牡蠣の中華炒め献立

45週号掲載「海のミルク」と呼ばれる牡蠣は栄養がたっぷり。ビタミンやミネラルを含み、亜鉛が豊富です

ビタミンやミネラルを含む牡蠣は「海のミルク」と呼ばれています。
特に豊富に含まれる亜鉛は、細胞を作るときに必要な栄養素。不足すると皮膚炎になったり、舌の細胞が減って味覚異常を引きおこす場合もあります。また、胎児・子どもの成長にも深く関わりがあります。

夕食

牡蠣の中華炒め献立

旬のこの時期は、お鍋やカキフライなどでもいろいろな料理で楽しみましょう。

ビオサポポイント(夕食分)

牡蠣と牛乳、納豆でたんぱく質が、緑黄色野菜でビタミンがとれます。
塩分が高めなので、朝・昼の食事で調整するようにしましょう。

朝食

お腹にやさしいおかゆは小松菜入りでカルシウムたっぷり。食物繊維はめかぶとプルーンで。

昼食

具だくさんなオムライスで栄養アップ&カロリーダウン。不足しやすいミネラルはひじきで補給を。

ビオサポポイント(1日分の献立)

代謝に必要な亜鉛は、成長にも欠かせません。
サプリメントで摂ると過剰摂取の危険性がありますが、
食物からなら取り過ぎの心配はありません。
めかぶで食物繊維、ひじきでミネラルを補給すれば
バランスがさらによくなります。

レーダーチャートにおける栄養素の摂取基準は厚労省「日本人の食事摂取基準」の
健康な30~49歳女性(身体活動レベルⅠ)の基準を使用します。

3食しっかり食べて
平均393円です

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://www.seikatsuclub.coop/biosapo/policy/