献立 鮭のちゃんちゃん焼き献立

45週号掲載カルシウムの吸収率アップにはビタミンDを。「鮭」や「しいたけ」で上手にとりいれましょう

ビタミンD は骨粗しょう症の予防・治療には不可欠の栄養素で、不足すると骨が変形する病気になることも。紫外線に当たると体の中で作ることができますが、近年は紫外線の害を考慮して日光を浴びる時間が短い人が増えています。特に冬は紫外線を浴びる機会が少なくなります。手軽に食べられる鮭でしっかりビタミンD をとりましょう。

夕食

鮭のちゃんちゃん焼き献立

本来は大きな鉄板で豪快に焼く料理ですが、フライパンで手軽に作れます。野菜をタップリ入れてどうぞ

ビオサポポイント(夕食分)

ビタミンD は、丸干しのいわしやちりめんじゃこ、
きくらげ、干ししいたけなどにも多く含まれます。
干ししいたけは紫外線にあてるとビタミンDが増えるので、
使う前に数時間天日に干しましょう!

朝食

まぐろ油漬缶を活用したバランス朝食。ココアで鉄、亜鉛、カルシウムがとれます。

昼食

カレーうどんは野菜でビタミンを加えて。大豆入りのサラダでたんぱく質を補います。

ビオサポポイント(1日分の献立)

丈夫な骨や歯を作るのに欠かせないカルシウムは、
吸収されにくい栄養素のひとつ。
効率よくとるには、鮭やしいたけなどに含まれる
ビタミンD を組み合わせるのが効果的です。
さらに牛乳や豆腐などカルシウムの多い食材で補強するといいですね。

レーダーチャートにおける栄養素の摂取基準は厚労省「日本人の食事摂取基準」の
健康な30~49歳女性(身体活動レベルⅠ)の基準を使用します。

3食しっかり食べて
平均396円です

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://www.seikatsuclub.coop/biosapo/policy/