献立 こんにゃくの豚肉巻献立

41週号掲載献立を立てるコツ、一汁三菜をベースに考えてみて くらしに合わせて一汁二菜でもOKです

野菜多めを心がけて 塩分・脂質は控えめに。献立をバランスよく組み立てるお手本にしたいのは、昔ながらの「一汁三菜」。
主食、汁物、おかず3 品(主菜1 品・副菜2 品)をそろえる食べ方です。 

夕食

こんにゃくの豚肉巻献立

豚肉巻きはご飯がススム味付け!こんにゃくなのでヘルシーです。野菜たっぷりの副菜でバランスもばっちり!

ビオサポポイント(夕食分)

「一汁二菜」にアレンジするには、「白菜のちりめんじゃこがけ」の白菜をみそ汁に入れ、
ちりめんじゃこはそのままごはんにかけるなどでアレンジできます。
酢やレモンなどの酸味を利かせてることも、塩分を控えるコツです。

朝食

ごまは気軽にビタミンやミネラルが補充できるので、ぜひ毎日に取り入れて。

昼食

牛肉とひじきで鉄が豊富。またどの料理にも野菜が入っていて食物繊維がしっかりとれます。

ビオサポポイント(1日分の献立)

忙しい人には「一汁三菜」は品数が多くて
ハードルが高いかもしれません。
その場合は、主菜に野菜を添えたり、
汁物の野菜を多めにした「一汁二菜」でも大丈夫。
また、とりすぎが問題視されている塩分
や脂質を抑えるように気を配ると、理想的な食事に近づきます。

レーダーチャートにおける栄養素の摂取基準は厚労省「日本人の食事摂取基準」の
健康な30~49歳女性(身体活動レベルⅠ)の基準を使用します。

3食しっかり食べて
平均389円です

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://www.seikatsuclub.coop/biosapo/policy/