献立 うな丼献立

29週号掲載栄養豊富で夏バテ予防にぴったりのうなぎ。夏はうなぎで栄養バランスアップ

夏バテの原因はさまざまですが、暑さで食べるものに偏りが出て、栄養バランスが崩れるのも一つの要因。たんぱく質やビタミンが豊富なうなぎは、夏を元気に過ごす一助になります。

夕食

うな丼献立

副菜には、不足しがちな栄養もとれる海藻の酢の物で。栄養バランスがよくなります。

ビオサポポイント(夕食分)

うなぎには良質なたんぱく質に加え、皮膚や粘膜、目の健康を保つのに必要なビタミンA、
食べ物体の中でエネルギーに変えるために必要なビタミンB1 やB2、
また、免疫機能と関わりのある亜鉛など、多くの栄養が含まれています。

朝食

とうもろこしには食物繊維がたっぷり。朝でもさっと食べれますね。

  • 主食

    トースト

  • 副菜

    ゆで卵、ゆでとうもろこし

  • 副菜

    粉ふき芋のハムのせ

  • ドリンク

    牛乳

昼食

小松菜はビタミンC や鉄分、カルシウムが多いのでうまく取り入れて

ビオサポポイント(1日分の献立)

うなぎには食物繊維やビタミンC などが
ほとんど含まれていませんので、
不足分は野菜などをしっかり使った副菜を献立にとりいれて、
1日の食事で栄養バランスをとるように心がけましょう。

レーダーチャートにおける栄養素の摂取基準は厚労省「日本人の食事摂取基準」の
健康な30~49歳女性(身体活動レベルⅠ)の基準を使用します。

3食しっかり食べて
平均607円です

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://www.seikatsuclub.coop/biosapo/policy/