献立 さんまの薬味たたき(なめろう風)献立

28週号掲載暑くて作る気も食べる気も失せちゃうときは、火を使わず調理できるお刺身がオススメ

常備できるお刺身夏に大活躍します 蒸し暑いときはさっぱり食べられて、調理に火を使わない魚の刺身がぴったり。煮たり焼いたりしないため、栄養が逃げにくいという利点も。ただし食中毒が気になる時期だけに、調理器具の衛生管理や食材の温度管理を徹底しましょう。

夕食

さんまの薬味たたき(なめろう風)献立

ひじきはとりにくい鉄分を手軽にとれます。副菜でもミネラルを

ビオサポポイント(夕食分)

さんまには生活習慣病予防によいEPA やDHA、貧血予防によいビタミンB12、
カルシウムの吸収を助けるビタミンD などが多く含まれています。
冷凍での取組みなので常備できて、いつでも食べたいときに新鮮なものが使えて便利ですよ。

朝食

食物繊維の多いコーンはドライパック缶で手軽に!お腹スッキリ

昼食

人参は抗酸化作用のあるβ−カロテンを含んでいます

ビオサポポイント(1日分の献立)

青魚は生活習慣病や貧血予防に。
副菜や汁ものには、緑黄色野菜のを。

人参やおかひじきは、β−カロテン(ビタミンA)が多く、
にらもβ−カロテンやビタミンC、カルシウムが比較的多く、
スタミナ野菜としてよく知られています。

冷たいものばかりでは胃腸が冷えてやすいので、
ぜひ温かい一品も用意しましょう!

レーダーチャートにおける栄養素の摂取基準は厚労省「日本人の食事摂取基準」の
健康な30~49歳女性(身体活動レベルⅠ)の基準を使用します。

3食しっかり食べて
平均334円です

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://www.seikatsuclub.coop/biosapo/policy/