献立・レシピ

ビオサポ献立・レシピ

おでん
2018年1月5回

バラエティ豊かな具材が楽しい!
子どもも喜ぶワクワクおでん献立

大きな鍋でコトコト煮込んで味のしみたおでんは格別なおいしさ。でも、子どもはあまり箸がすすまない場合もあるようです。そこで、目先が変わり子どもにも受けがよい、お楽しみ要素の多いおでんの献立を紹介します。寒い日の夕飯にいかがですか。
※小さな子が食べるときは串・楊枝の扱いに十分注意しましょう。

おでん
この写真の献立の場合(ご飯130g)
1人分:755kcal 塩分:2.9g

子どもの好きな具材を取り入れて

串&巾着おでん

おでん
1人分:491kcal 塩分:2.5g 調理時間:45分
【材料(4人分)】
<巾着>
  • ・油揚げ…2枚
  • ・ポークウインナー…2本
  • ・丸もち…4個(約120g)
  • ・人参(みじん切り)…1/3本(40g)
  • ・いんげん(小口切り)…2本(40g)
<ちくわトマト>
  • ・グチ入ちくわ…4本
  • ・ミニトマト…8個(80g)
<ベーコン巻き>
  • ・スライスベーコン…4枚(60g)
  • ・エリンギ1/2パック…75g
<その他>
  • ・おさかなソーセージらくリップ…1と1/2本
  • ・大根…1/2本(約500g)
  • ・こんにゃく…1枚(300g)
  • ・鶏卵…4個
  • ・ブロッコリー…1/2個(100g)
  • ・馬鈴薯(メークイン)…小4個(400g)
<だし汁>
  • (A)・白だし…100ml
      ・水…900ml
【作り方】
<巾着>
(1) 油揚げに菜箸をこすりつけるように転がしてから半分に切り、熱湯をかけて油抜きする。水気を切ってから開いて袋状にする。
(2) (1)にひと口大に切ったポークウインナー、丸もち、人参といんげんを入れ、口を閉じて楊枝でとめる。
もち巾着      
<ちくわトマト>
(3) ちくわは縦半分に切る。ミニトマトにちくわを巻き竹串にさす。      
<ベーコン巻き>
(4) エリンギは縦に4つ割りにし、4cmの長さに切り、ベーコンを巻きつけ竹串にさす。      
<その他>
(5) 大根は皮をむき3cmの厚さ輪切りにし、15分ほど下ゆでする。鶏卵はゆでて殻をむく。こんにゃくは小さめの三角形に切る。おさかなソーセージは2cmの長さに切り竹串にさす。
(6) 馬鈴薯(メークイン)はレンジで7分加熱してから皮をむく。ブロッコリーは小房にわけて塩ゆでする。
(7) 鍋に(A)のだし汁を入れ、(3)と(6)以外の材料を入れ中火で20分ほど煮る。最後に(3)と(6)を入れ5分ほど煮る。      

●茶巾に入れる具材は好みのもので。うどん、春雨、チーズ、チキンボール、うずら卵の水煮などもおすすめです。

隠し味がよくきいた

キャベツのお手軽サラダ

キャベツのお手軽サラダ
1人分:46kcal 塩分:0.4g 調理時間:5分
【材料(4人分)】
  • ・キャベツ…200g
  • ・真塩…小さじ1/3
  • (A)
    ・ごま油…小さじ2
    ・すりごま(白)…小さじ2
    ・おろしにんにく…小さじ1/6
    ・赤唐辛子…少々
    ・みついしきざみ昆布…2g
【作り方】
(1) キャベツはざく切りにし、ポリ袋に入れ真塩を入れて袋の口を閉じて手でもみこみなじませる。
(2) (1)に(A)を入れよくもみ、冷蔵庫で10分以上おく。

●一度にまとめて作って常備菜にしても。

レシピ担当:伯母 直美
(管理栄養士、暮らしのRecipe キッチンスタジオ主宰)

ビオサポMEMO

みんなで食卓を囲む楽しさを体験

湯気の立つ温かいおでんや鍋料理を囲む楽しさは、この季節ならではのもの。ライフスタイルの変化で「個食」や「孤食」がクローズアップされることも多いですが、子ども時代は特に、みんなで食卓を囲んで会話をしながら同じ料理を食べる楽しさを折にふれ味わえるといいですね。
生活クラブの練り物は、原材料も製造工程も明らかな国内製造品。合成保存料が無添加なだけでなく、摂り過ぎに注意したいグリシンやリン酸塩などの食品添加物も不使用です。子どものいる食卓でも安心して使えます。

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2015」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針はこちらをご覧ください。