献立 2016年3月5回 豚肉のトマトポトフ献立

2016年3月5回エネルギーを効率よく作り出すには、ビタミンB1が必要です!

新学期・新年度を迎え、疲れの出やすいこの時期。脳や体のエネルギー源となる糖質とその代謝を助けるビタミンB1をしっかり摂りましょう。ビタミンB1は豚肉に豊富に含まれ、アリシンという成分と一緒に摂ると吸収がアップ。アリシンを多く含むねぎ類と組み合わせるのがおすすめです。 副菜には緑黄色野菜を使い、それらに豊富なカロテンや食物繊維、ミネラルを補給して1食あたりのバランスを整えましょう。

夕食

豚肉のトマトポトフ献立
1人分710kcal 塩分:2.8g

鮭の揚げ焼きおろしソース献立写真

ごはん(300g)2人分

豚肉のトマトポトフ

材料(2人分)と作り方(調理時間50分):
(1) 豚肉ロース・肩ロース(ブロック)140g、皮をむいた馬鈴薯1個、大根80g、玉ねぎ1/2個、キャベツ1/6玉は食べやすい大きさに切る。
(2) 鍋に水2カップ、洋風だし粉末1/2袋、(1)を入れ、ふたをして25~30分煮る。
(3) (2)にトマト2個をざく切りにして加え、5分ほど煮て真塩小さじ2/3、素精糖小さじ1、こしょう少々で調味する。
(4) 器に盛り、小口切りにした細ねぎ2本分を散らす。

生のトマトを使って、後口さわやか

人参とナッツのサラダ

材料(2人分)と作り方(調理時間10分):
(1) 人参1/2本は細切りにし、ラップをして電子レンジで30秒ほど加熱する。
(2) アーモンド10粒は乾煎りして粗く刻む。干しプルーン4個は3~4等分にする。
(3) ボウルに(1)、(2)を入れ、すし酢小さじ1で和えてしばらくおく。

ナッツの香ばしさとプルーンの甘みがマッチ

小松菜とかにかまの炒め物

材料(2人分)と作り方(調理時間10分):
(1) 小松菜160gは4cm長さに切る。かに風味スティックかまぼこ4本は手で粗く裂く。
(2) フライパンにごま油小さじ1を熱して小松菜を炒め、かまぼこを加えてブラックペッパー少々をふり、炒め合わせる。

かにかまに旨みがあるから塩分は加えずに

ビオサポポイント

この献立に不足しているのはビタミンD。
カルシウムの吸収を助ける栄養素です。
多く含んでいる鮭、さんま、
まかじきなどを朝・昼にどうぞ。
きのこ類にも含まれ、
特にきくらげには豊富です。

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://seikatsuclub.coop/about/eiyouhyouji.html