献立 2015年11月3回 ほたての貝焼きみそ風献立

2015年9月4回青森の郷土料理「貝焼きみそ」をアレンジ!胃腸にやさしく体調が悪い時にもおすすめです

ほたての貝殻に、だし汁、ほたて、卵、ねぎなどを入れて加熱し、みそで味つけする「貝焼きみそ」。病後や産後の体調回復によいと食べられてきた栄養のある料理です。手軽に楽しめるようにアレンジしました。主菜のほたてと卵でたんぱく質がとれるので、副菜には季節の野菜を豊富に使ってビタミンやミネラル、食物繊維を補いましょう。

夕食

ほたての貝焼きみそ風献立
1人分515kcal 塩分:2.4g

鮭の揚げ焼きおろしソース献立写真

ごはん(300g)2人分

ほたての貝焼きみそ風

材料(2人分)と作り方(調理時間30分):
(1) ほたて100gは2~4等分に切り、長ねぎ1/3本は斜め切りにする。
(2) 耐熱皿に信州田舎みそこし小さじ2、みりん・水各小さじ1を入れて混ぜ、(1)を加えて混ぜる。
(3) 予熱したオーブントースターで2分ほど加熱し、ふつふつしてきたら溶き卵2個分を流し入れ、2~3分加熱する。
※2人分をまとめて1つの皿で作る場合は、最初に3~4分加熱し、卵を入れて3~4分加熱する。

卵にほたてから出るダシがしみて絶品!

根菜ときのこのマヨポン和え

材料(2人分)と作り方(調理時間10分):
(1) レンコン50gと人参60gは半月切り、かぶ1個はくし形切りにし、しめじ50gは石づきを除いて小房に分ける。
(2)(1)をさっとゆでて水気をきり、粗熱がとれたらボウルに入れ、マヨネーズ・ポン酢しょうゆ各小さじ2、七味唐辛子適量を加えて混ぜ合わせる。

七味のアクセントで野菜の旨みを引き出す

里芋のおかか和え

材料(2人分)と作り方(調理時間10分):
(1) 里芋3個は洗って泥を落とし、皮つきのままラップに包んで電子レンジで5分ほど加熱する。
(2) 皮をむき、半分に切って醤油小さじ1と1/3、かつお細けずり小袋パック1/2袋と和える。

かつおぶしをからめて醤油少なめでも味はしっかり

ビオサポポイント

この献立に不足しているのは、
カルシウムとビタミンK。
ビタミンKにはカルシウムが
骨に取り込まれるのを助ける働きがあります。
朝や昼には、カルシウムの豊富な
乳製品や大豆製品、
ビタミンKの多い小松菜や
ほうれん草をとりましょう。

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://seikatsuclub.coop/about/eiyouhyouji.html