献立 2015年9月2回 ふんわり揚げのおろしのせ献立

2015年9月2回非常時の備蓄品を日頃から活用しませんか?時短料理に役立つ便利な食材ばかりです

「豆腐と野菜のふんわり揚げ」には、豆腐に多いたんぱく質・カルシウム・鉄、野菜に多いビタミンAなどの栄養が含まれます。仕上げに大根おろしをのせれば、さっぱりとして暑いときでも食が進み、大根に含まれるジアスターゼなどの酵素が消化を助けます。副菜は食物繊維やミネラルをたくさん含んだ「サラダベース豆と根菜のサラダ」に小松菜を加えて、栄養バランスのとれたサラダにしましょう。

夕食

ふんわり揚げのおろしのせ献立
1人分790kcal 塩分:2.4g

ふんわり揚げのおろしのせ献立写真

ごはん(300g)2人分

ふんわり揚げのおろしのせ

材料(2人分)と作り方(調理時間15分):
(1) 大根はすりおろす。ピーマンは縦4等分にして種を除く。
(2) 輪切りにしたさつまいもは、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで加熱する。
(3) フライパンになたね油を熱し、豆腐と野菜のふんわり揚げ、(2)、ピーマンを入れてさっと炒める。
(4) 器に盛り、大根おろしをのせてポン酢しょうゆをかけ、かつお細けずりを散らす。

ビタミンCの豊富なピーマンやさつまいもをプラス

ねぎとしめじの炒め物

材料(2人分)と作り方(調理時間10分):
(1) 長ねぎ50gは斜めに切り、ぶなしめじ100gは石づきを除いて小房に分ける。
(2) フライパンにマーガリン小さじ1を熱して長ねぎを炒める。しめじを加えてさっと炒め、丸大豆醤油小さじ1と1/3をまわしかけて炒め合わせる。

しめじにはお腹の調子を整える食物繊維が含まれる

豆と根菜と小松菜のサラダ

材料(2人分)と作り方(調理時間5分):
(1) 小松菜160gは3㎝長さに切って耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジで1分ほど加熱する。粗熱がとれたら水気を絞る。
(2) サラダベース豆と根菜のサラダ1袋(160g)と(1)を混ぜる。

サラダベースで栄養のあるサラダを手軽に

ビオサポポイント

夕食で不足している栄養素はビタミンB12
赤血球を作るのに必要な栄養素です。
チーズに多く含まれるので
朝食に加えてみて。
昼食には青魚がおすすめ。
魚の脂に含まれる脂肪酸に、
悪玉のコレステロールや
中性脂肪を下げる働きがあります。

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://seikatsuclub.coop/about/eiyouhyouji.html