献立 2015年6月2回 えびの中華炒め献立

2015年6月1回回鍋肉ソースで時短調理!脂質や塩分が気になる中華は合わせる具材と副菜で栄養バランスの工夫を

合わせ調味料を使って手早く作れる中華献立。中華料理というと脂質や塩分が気になりますが、えびは低脂肪・高たんぱく。骨の形成に関わるカルシウムやマグネシウムも含みます。副菜に組み合わせたズッキーニにはカリウムが多く、余分な塩分を排出します。

夕食

えびの中華炒め献立
1人分515kcal 塩分:2.9g

ごはん(300g)2人分

えびの中華炒め

材料(2人分)と作り方(25分):
(1) 玉ねぎ、アスパラ、生椎茸は食べやすい大きさに切る。
(2) 解凍したエコシュリンプ(むき身)はさっと洗ってふく。
(3) フライパンにごま油を熱し、(1)と(2)を炒め、しんなりしたらうずらの卵を加えてさっと炒め、回鍋肉ソースを加えて炒め合わせる。

ビタミン&ミネラルの豊富なうずら卵でバランスUP!

ズッキーニのおかか和え

材料(2人分)と作り方(調理時間10分):
(1) ズッキーニ1本は輪切りにし、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで2分ほど加熱する。
(2) 出てきた水分を除き、熱いうちに濃縮つゆ小さじ2/3、ごま油小さじ1、かつお細けずり適量を加えて和える。

かつおを全体にまぶせば味つけ薄めでもOK

レタスとハムのスープ

材料(2人分)と作り方(調理時間10分):
(1) スライスロースハム1枚、レタス4枚は細く切る。
(2) 鍋に水280ml、中華だし粉末1/2袋を入れて温め、(1)を加えてさっと火を通し、ごま油小さじ1/2、こしょう少々を加える。

シャキシャキ食感が食事のアクセントに

ビオサポポイント

夕食で不足ぎみなのは、
鉄、カルシウム、ビタミンD、ビタミンB1
朝ごはんに鉄・カルシウムの多いひじきと、
ビタミンD・カルシウムの多い
しらすのふりかけはいかが。
献立にビタミンB1が豊富な豚肉を
プラスするとさらにGood!

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://seikatsuclub.coop/about/eiyouhyouji.html