献立 2015年6週号 牛肉のトマト煮込み献立

2015年6週号掲載塩分とりすぎが続けば高血圧になることも。旨みのある食材で家庭で無理なく減塩を!

日本では成人の3人に1人が高血圧。その原因の多くは塩分のとりすぎです。高血圧は、脳卒中や心臓病など命にかかわる病気のリスクを高めます。血圧は20代から自然と上がっていくため、若いうちから減塩し、上昇をゆるやかにすることが大切です。

夕食

牛肉のトマト煮込み献立

ご飯と相性がいいトマト煮込み。トマトと牛肉の組合せで塩分控えめに

ビオサポポイント(夕食分)

塩分少なめの食事というと「おいしくない」と思う人もいますが、
今回の夕食のように旨みの濃い牛肉とダシになるトマトの組み合わせなら、
塩気がそれほどなくても十分おいしく感じることができます。

朝食

夕食・昼食で不足するカルシウムを水菜と牛乳で補います。サラダはヨーグルトとレモンのさっぱりドレッシングで

昼食

豚肉と玉ねぎにきのこ類を加えて味も栄養も◎。副菜の白和えは、ほっとする箸休めに

ビオサポポイント(1日分の献立)

夕食は脂質がやや多め。朝食のドレッシングなどを工夫して、
多めの脂質を調整しましょう。また昼食では、
ほうれん草や卵で不足する鉄を、
丼にはきのこ類を加えて食物繊維を補給します。

レーダーチャートにおける栄養素の摂取基準は厚労省「日本人の食事摂取基準」の
健康な30~49歳女性(身体活動レベルⅠ)の基準を使用します。

3食しっかり食べて
平均405円です

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://www.seikatsuclub.coop/biosapo/policy/