献立 2015年4週号 豚肉のねぎ塩レモンだれ献立

2015年4週号掲載国産レモンは今が旬。レモンといえばビタミンC。病気予防に役立つなどさまざまな働きがあります

美容によいイメージがあるビタミンCは、皮膚や血管、筋肉を丈夫に保つコラーゲンが作られるのをサポートしたり、酸化を防いで老化や動脈硬化を予防する働きがあります。他にも、副腎皮質ホルモンを作るときに使われる、鉄の吸収を助けるなどさまざまな働きがあり、健康のためにも欠かせない栄養素です。

夕食

豚肉のねぎ塩レモンだれ献立

長ねぎを切って混ぜるだけのかんたん塩レモンだれ!豚肉とよく合い、さっぱりと食べられます

ビオサポポイント(夕食分)

レモンの酸味やさわやかな香りには、素材の旨みを引き出し、
味つけをしっかり感じさせる効果があります。
ちょっと薄味かなと感じるときは塩を足さずにレモンを少しかけてみて。

朝食

ホクホクのじゃがいも入りで食べ応えがあります。緑黄色野菜を添えて栄養バランスよく

昼食

牛肉のつくねは大豆でボリュームアップしてヘルシーに。 茎わかめを使ってミネラルを補給

ビオサポポイント(1日分の献立)

夕食でビタミンA、C、B1が比較的とれますが、
全体にはミネラルが不足ぎみ。
昼食に牛肉と大豆を使って鉄、カルシウムを補いましょう。
またサラダや付け合せにブロッコリーや人参を加えることで、
手軽にβ-カロテンをとりいれられます。

レーダーチャートにおける栄養素の摂取基準は厚労省「日本人の食事摂取基準」の
健康な30~49歳女性(身体活動レベルⅠ)の基準を使用します。

3食しっかり食べて
平均319円です

手軽にカルシウムをとれる食材って?
レモンを使うときに気になるのは「皮」。スーパーなどに並んでいるのは、ほとんどが輸入のレモンですが、その多くに防かび剤やワックスが使われています。
国産のものは収穫後の農薬使用が禁止されており、生活クラブのレモンも防かび剤やないよう努力を続けています。国産レモンは輸入品の10%ほどしか流通していない貴重な存在。ワックスは使いません。さらに、栽培中も農薬と化学肥料をなるべく使用し自給力アップのためにも、みんなで利用していきたいですね。

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://www.seikatsuclub.coop/biosapo/policy/