献立 2015年1週号ほうぼうのおろし煮献立

2015年1週号掲載胃が疲れぎみと感じたときは、あっさりした食事で胃を休めて。脂質が低く、消化が良い白身魚を使ってみましょう

食べ過ぎや二日酔いで、胃に不快感が出て疲れを感じたときは、油っこいものや刺激物をさけ、低脂肪で消化のよい食材を選びましょう。白身魚や豆腐、鶏のささみなどは、低脂肪でたんぱく質が多く含まれているのでおすすめです。大根やキャベツも胃にやさしい食材です。

夕食

ほうぼうのおろし煮献立

鉄分と食物繊維が豊富なひじきの煮物、キャベツの味噌汁をプラスして、胃にやさしいバランス献立

ビオサポポイント(夕食分)

ほうぼうは低脂肪・高たんぱくで、造血ビタミンと言われるビタミンB12 を含みます。
野菜も大根、白菜、キャベツといろいろ使っているのでビタミンC がきちんととれます。

朝食

野菜炒めでごはんの進む献立。ハムでビタミンB1、ピーマンやキャベツでビタミンC がとれます。

  • 主食

    ごはん150 g、焼きのり

  • 主菜

    ハムと野菜の炒め物

  • デザート

    りんご

昼食

パスタに牛乳を使えば、カルシウムやビタミンなどさまざまな栄養がアップ。アーモンドには血管の老化を防ぐビタミンE が含まれます。

ビオサポポイント(1日分の献立)

食が進まないときは大根おろしを混ぜれば
さっぱりして消化によく、食べやすくなります。
胃の粘膜を修復する、ビタミンと同等の生理作用がある
ビタミンU(キャベジン)を含むキャベツを使うのもよいでしょう。
野菜の豊富な3食でビタミンがしっかりとれます!

レーダーチャートにおける栄養素の摂取基準は厚労省「日本人の食事摂取基準」の
健康な30~49歳女性(身体活動レベルⅠ)の基準を使用します。

3食しっかり食べて
平均346円です

※カロリーや栄養表示は主に「日本食品標準成分表2010」に準じており、消費材の実測値とは異なります。表示方針は生活クラブ連合会のウェブサイトをご覧ください。 http://www.seikatsuclub.coop/biosapo/policy/